受験勉強は夏休みを有効活用しよう

受験勉強は夏休みを有効活用しよう

夏休みをどう過ごすか?

 

受験勉強においては、直前になって勉強するというのは、すでに遅いということになってしまいます。特に、多くの人が受験する大学を受験するとなると、ライバルが多くなるので少しでも早くから始めるほうがよいのです。
学校によっては、入学時点で受験に向けてのカリキュラムを組んでいるところもあるほどです。一般的な学校では、受験に対しての勉強が本格的になるのは3年生になってからではないでしょうか。
平日は授業があるので、そのための勉強が必要となります。大学受験のための勉強を本格的に行うことのできるのは、授業のない夏休みということになりますよね。進学校であれば、夏休みを利用した夏期講習などの特別授業なども行われているのではないでしょうか。
学校以外では、学習塾などでも夏期講習が行われているので、参加してみるのもよさそうです。学校で行われるものとは少し異なるので、苦手の克服にはよいかもしれません。

 

マナビズムでは個別指導による学習

 

学習塾といっても、いろいろなものがあります。講師が教壇に立って同時に複数を相手にする学校と同じタイプのものもあれば、少人数のグループを相手にするもの。1対1のマンツーマンで個別指導をするものもあります。中には、動画を使用した授業といったものもあります。
マナビズムでは、基本は個別指導としながらも、複数での授業も行っています。マナビズムの大きな特徴となっているのが、難関私大を対象としていることで、特定の大学に対しての合格率は高くなっているようです。

 

マナビズムの指導のスタイル

 

マナビズムでは指導をするために、コンサルタントを用意しているようです。最初にコンサルティングを受けさせ、学習計画を策定するようです。これは、自習のためのものとなっていますが、学習計画があることで計画的に勉強を進めることが可能になるのではないでしょうか。
大学受験を成功させるには、きちんとした計画を立て、きちんと実行することになります。ですから、最初にレベルを確認して、レベルに合わせた学習計画を立てるというのは効果的になりそうです。
個別指導が中心になっているということもあり、こういった学習方法が可能になっているのではないでしょうか。
難関私大の場合は、教科や科目が限定されるということもあり、学習計画を立てて、進捗具合によって計画を変更しながら学習をすることが向いているのかもしれません。
マナビズムでも夏季講習を行っていますから、現在の学習スタイルで不安を感じている方は、利用してみるのもよいかもしれませんね。

更新履歴